正しいスキンケアとは

スキンケアと聞くと化粧水や美容液などのアフターケアについてのことかなと考える方も多いと思いますが、実際はクレンジングや洗顔もスキンケアの1つなのです。
もっと言うとスキンケアで1番大切なことはクレンジングと洗顔にあると言っても良いかもしれません。
メイクを落とすときは1番時間をかけて、丁寧に優しく行うことがポイントです。
メイクを落とさないとその後のケアは全く意味のないものとなってしまいます。
しっかりと落とすためにも少しぬるめのお湯で十分なぐらいすすぐようにしましょう。
水の温度が熱すぎると皮脂を余分に取り過ぎてしまいひどい乾燥状態になってしまうことがありますし、冷たすぎると汚れが落ちにくくなってしまうことがあるのでぬるま湯をお勧めします。
そして洗顔ですが、ゴシゴシは絶対にNGです。
クレンジングでしっかりと汚れが落ちている上に、洗顔でさらに肌を洗浄してしまうとひどく乾燥してしまいます。
肌の乾燥は皮脂の異常分泌を促し、べたつく肌を生み出してしまうので注意しましょう。
指の腹全体を使って優しくなでるようにして洗いましょう。
その際にしっかりと泡立てて泡を肌につけるような感覚で行うと良いです。
このようにクレンジングと洗顔をしっかりと行って、余分な汚れを落としてから化粧水などでしっかりとアフターケアを行ってください。
アフターケアの順番も大切で、化粧水→美容液→乳液の順番に行いましょう。
化粧品メーカーによっては順番が違うこともありますが、大抵はこの順番が良いです。
化粧水を手のひらでしっかりと温めてから肌に浸透させて、しっかりと吸収したところで美容液を塗ります。
乳液は水分が蒸発しないように蓋をする効果がありますので、最後につけるようにしましょう。
つけすぎてもベタベタになるだけなので程よい量を塗ることが大切です。

トップページへ